IoTとラズベリーパイのウィキ

IoTとIoTでよく使われるラズベリーパイを中心にまとめているウィキです

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


最新型ラズベリーパイ本体(ラズパイ3)の使い方辞典とウィキ

ラズベリーパイゼロのウィキ

ラズベリーパイゼロの使い方辞典

ラズベリーパイ2のウィキ

ラズベリーパイ2の辞典

ラズベリーパイ コンピューティング モジュールのウィキ

ラズベリーパイ1(初代)/プラスモデルのウィキ

ラズベリーパイ1(初代)/プラスモデルの辞典

ビーグルボーンブラックのウィキと辞典

ラズベリーパイ本体

電子工作向け1ボードPC_ガジェット

Arduino(アルディーノ)
AppleTV_MGY52J/A(第4世代,2015年10月発売予定版)
Banana Pi(ラズベリーパイと似たカードサイズPC)
Cubie Board 8(キュービーボード8)
Cubie Board 1/2(キュービーボード 1/2)
Cubie Board 3/CubieTruck(キュービーボード 3/キュービートラック)
Cubox/Cubox-i(キューボックス)
ドスパラ スティック型 DG-STK1(2015年7月発売) 超小型_ヘッドレス_超省電力
LIVA X(2015年2月発売,mSATA,メモリ2/4GB旧:LIVA 2)
LIVA 白64G 2014年8月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA,OSなし)
LIVA 白Windows8.1 with Bing,32/64G 2014年12月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA)
Flame(フレーム FirefoxOS 開発用端末)
がじぇっとるねさす(がじぇるね)
インテル ガリレオ(2014年1月発売,intel galileo)
ギガバイト GB-BXBT-2807(小型,ファンレス,ベアボーン)
dirac i200(小型PC,ベアボーン,2015年1月発売)
インテル コンピュートスティック(Intel Compute Stick)
intel-currie(インテル_キュリー)2015年1月発売?
intel Edison(インテル エジソン,2014年10月発売)
intel Galileo Gen.2(インテル ガリレオ じぇんつー,2014年7月発売版)
インテル ジュール(intel-jule)
intel NUC(第5世代,BroadWell,2015年2月発売版)
intel NUC DE3815TYKE(第3世代NUC,企業向け)
intel NUC DN2820FYKH(第2世代のNUC)
intel NUC BLKD33217CK(9980円NUC)
LIVA(Core M搭載,2015年3月展示)
LIVA 黒32G 2014年4月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,黒LIVA)
mbed HRM1017(エンベッド HRM1017)
mbed,mbed os(えんぶど,えんぶど おーえす)
intel MinnowBoard MAX(インテル ミノーボード マックス)
マウスコンピュータ MS-NH1(スティック型,超小型,ファンレス,Windowsスティック)
ODROID-C1(おどろいど しーわん,2014年12月発売)
Picoretta(ぴこれった,2015年3月発売)
ReadyNAS 102(9980円NAS)
RouterBOARD/Router OS(ルータオーエス)
twe-lite(とわいらいと)
V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボード
V-sido(ブシドー) ロボット
ZOTAC ZBOX CI320 pico
ZOTAC ZBOX PI320 pico(ポケットに入るクアッドコアCPU搭載デスクトップ)

タグ一覧

beaglebone:start

Beagle Bone Black(ビーグルボーンブラック) 総合_Rev.A/B/C


新型が45ドルで発売になった「Beagle Bone Black」について書いているwikiです

略称はBBB(英語の頭文字とったもの)、読み方はビーグルボーンブラックです

目次

目次

当wikiでのビーグルボーンブラックのページ

公式サイト、コミュニティなど

更新履歴

2014年11月

日本の秋月電子、テックシェアストアなど販売が再開しつつあるみたいです(Rev.C)

2014年6月

2014年2月

2013年

  • 2013年9月ごろ
    • 秋葉原で店頭販売開始?
    • リビジョン問題が起こる。この頃はリビジョンA5Cが最新版
  • 2013/05/24頃 日本国内のRSオンラインにて販売開始。リビジョンA5A
  • 2013/05/01頃 日本国内では技術教材の専門店TechShareStoreにて販売開始
  • 2013/04/23 新型のBeagleBone Blackが45ドルで発売された

2chスレッド

まだスレッドが無い?→2013/09/14現在、単独スレッドはないみたいです

情報

使い方/レビュー/ブログ/ドキュメント など

買える店

2014年6月現在、品不足のため販売しているショップは少なめです。

公式ページ
https://www.adafruit.com/products/1876 の「purchase」にあるショップから買えます。公式ページのショップから買う場合、基本的に海外+英語での取引になります。海外のショップから買う場合、送料とリードタイム(納期,出荷までの時間)に注意しておくといいかも。
品不足のせいか、納期が1ヶ月以上ということもあります。急ぐ場合は、注文前に納期を問い合わせたほうがいいです。

日本

海外

仕様(ハードウェア/BIOSなど)

リビジョン,バージョン履歴

2014年6月現在、およそ4種類のリビジョン(バージョン)があるようです

仕様 Rev.C

RevA5A,A5C,Bに比べて

  • オンボードフラッシュメモリ(eMMC)が2ギガから4ギガへ
  • オンボードフラッシュメモリ(eMMC)内に最初書き込まれているOS(Linux)がÅngstrom から Debian系

になっています。その他のCPUやメモリなどに変更はないようです

仕様 Rev.B

基本的にRev.A5Cと同じのようです。Rev.C発売後も販売を継続するかと思います。

仕様 Rev.A5A,A5C

RevA5Aに比べてGPIOの配置など?が異なっているようです。CPUやメモリなど、主要なパーツはRev.A5Aと同じのようです。ハードウェア的な変更はない?かと思います

仕様(日本語に翻訳) Rev A5A

一部未翻訳です

CPUSitara AM3359AZCZ100, 1GHz, 2000 MIPS(?Cortex-A8)
GPUSGX530 3d, 20M Polygons/S
メモリ512MB DDR3L 400MHz
オンボードフラッシュメモリ2GB, 8-bit 埋め込み型MMC
※ボード上についている交換不可能なUSBメモリ(2GB)という感じ
PMICTPS65217C PMIC regulator and one additional LDO
デバッグサポート Optional onboard 20-pin CTI JTAG, Serial Header
電源ミニUSBまたはDCジャック; 5VDC External via Expansion Header
PCB3.4“ x 2.1”; 6 Layers
インジケータ1-Power, 2-Ethernet, 4-User Controlled LEDs
HS USB 2.0 クライアントポート1,USB0としてアクセス, Client mode via miniUSB
HS USB 2.0 ホストポート1,USB1としてアクセス, タイプA, 500mA LS/FS/HS
シリアルポートUART0 access via 6 pin 3.3V TTL Header (header is populated)
LAN端子10/100メガ, RJ45
SDカードmicroSD, 3.3V
ユーザー入力リセットボタン,起動ボタン,電源ボタン
映像出力16b HDMI, 1280×1024 (max), 1024×768, 1280×720, 1440×900 w/EDID Support
※ビーグルボーンブラック本体側はmicroHDMI端子
※最高解像度が1280×1024
音声出力HDMI上、ステレオ音声
拡張コネクタPower 5V, 3.3V, VDD_ADC (1.8V); 3.3V I/O on all signals; McASP0, SPI1, I2C, GPIO(65), LCD, GPMC, MMC1, MMC2, 7 AIN (1.8V max), 4 Timers, 3 Serial Ports, CAN0, EHRPWM (0,2), XDMA Interrupt, Power Button, Expansion Board ID (up to 4 can be stacked)
重さ39.68グラム
消費電力210-460mA@5V(CPU速度に応じて変化します)

仕様 ソース など

wiki
BeagleBoneBlack - Circuitco Wiki Supportより引用

ドキュメント(PDF)
BeagleBoneBlack - Circuitco Wiki Supportの真ん中の方の
>System Reference Manual (PDF)
からダウンロードできるみたいです。一番近くのリンクも貼っておきます
BeagleBoneBlack - Circuitco Wiki Support

コネクタ位置

BeagleBoneBlack - Circuitco Wiki Supportより引用

microSDスロット、microHDMI端子、USB2.0クライアントポート(miniUSB端子)は裏面にあるみたいです

電源

  • ACアダプタから給電可能
  • USB経由での給電可能(miniUSB端子)

メモリ

  • 512MB

SDカード

  • microSDカードのみ

使用出来たもの

  • SANDISK クラス4 8GB
  • SANDISK クラス6 4GB MicroSDHC I
  • ADATA CLASS4 4GB MicroSDHC

ディスプレイ

HDMI端子付きのディスプレイに接続可能。本体側はマイクロHDMI(HDMIタイプD)端子

サウンド

HDMI端子から出力可能です。一般的な3.5mmジャックはないみたい

有線LAN,無線LANドングル/アダプタ

本体のLANポートは10/100Mbps対応

USBメモリ・ハードディスク

  • USBメモリはそのまま使えた
  • USBハードディスクは電源不要タイプでも、セルフパワーUSBハブを介さないとダメ。たぶん本体のUSBポートの電力が低い

キーボード・マウス

キーボードは普通のUSB2.0接続のものが使えました

USB接続のWEBカメラ

調査中

GPIO

調査中

拡張ボード(ケープ)

ビーグルボーン用のものが数点発売されているようです。ビーグルボーンブラックで使えるかは不明

OS

標準OS

eMMCに最初から書き込まれているOSです

起動可能なOS

Angstrom Linux

Ubuntu12.04(ARM),12.10,13.04,13.10
インストール方法、初期設定は公開していますのでよかったらどうぞ
【無料】book02 ビーグルボーンブラック+Ubuntu12.04でラズベリーパイより高速で使いやすいPCをつくる! [Linux/ガジェットwiki]

Android 4.2

Tips

シリアルデバッグを使う

コメントより

秋月のTTL-232R-3v3 商品コードM-05840がそのままつかえるよ

たぶん秋月電商のこの商品だと思いますFTDI USB・シリアル変換ケーブル(3.3V): 電子工作便利商品 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

FAQ

Q.本体以外に付属品はありますか?

USB2.0⇔ミニUSB2.0ケーブルがついてきます。あと買ってくれてありがとう的なカードつき。それに簡単な使い方が書いてある(英語)

Q.ケースは付属しますか?

付属しません。しばらくの間はむき出しでどうぞ。
そのうち専用ケースやケースを作ってみた情報が出てくると思います、たぶん

ラズベリーパイと違って四隅の角が丸くなっているので、むきだしで手で持ってもそんなに痛くは無いです。

Q.とりあえず起動させたいんですが、何が必要ですが?

Windows,Mac.Linuxなどが起動しているPCのUSB2.0ポートに付属のケーブルで接続すると起動します。
PCからはUSBフラッシュメモリのように見えます。

Q.ディスプレイに出力して使いたいんですが、何が必要ですか?

ディスプレイ(HDMI端子を持つもの)、接続ケーブル(HDMI⇔microHDMIケーブル)が必要です

Q.電子工作の初歩のLEDチカチカさせたいんですが、なにがいりますか?

別に購入するものはありません。ビーグルボーンブラックはボード上にユーザがコントロール可能なLEDがあり、それをチカチカさせることができます

Q.起動はどうやってさせますか?

2種類の方法があるみたいです。
1)オンボードフラッシュメモリから起動
→Windowsなどが起動しているPCに付属のケーブルで接続する。最初USBメモリとして認識される
2)microSDから起動
→OSのイメージを書き込んだmicroSDをスロットにさし、電源としてミニUSBまたはAC電源を接続する。するとmicroSD内のOSが起動する

Q.リセットボタンはありますか?

あります。ボード上に設置。LANポートの近くの角

Q.起動ボタンはありますか?

あります。ボード上に設置。microSDスロットの上面付近

Q.電源ボタンはありますか?

あります。ボード上に設置。LANポートのすぐそば。10秒ぐらい長押しすると電源OFFするようです

Q.メディアプレイヤーとして使いたいんですが、向きますか?

A.たぶんあまり向きません。microHDMIの解像度が1280×1024なので、一般的なHDMIの「1920×1024」にならないので…

旧、古い情報

使い方の例(日本語)

検索用データ

beaglebone/start.txt · 最終更新: 2017/02/11 (外部編集)

ページ用ツール