IoTとラズベリーパイのウィキ

IoTとIoTでよく使われるラズベリーパイを中心にまとめているウィキです

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


最新型ラズベリーパイ本体(ラズパイ3)の使い方辞典とウィキ

ラズベリーパイゼロのウィキ

ラズベリーパイゼロの使い方辞典

ラズベリーパイ2のウィキ

ラズベリーパイ2の辞典

ラズベリーパイ コンピューティング モジュールのウィキ

ラズベリーパイ1(初代)/プラスモデルのウィキ

ラズベリーパイ1(初代)/プラスモデルの辞典

ビーグルボーンブラックのウィキと辞典

ラズベリーパイ本体

電子工作向け1ボードPC_ガジェット

Arduino(アルディーノ)
AppleTV_MGY52J/A(第4世代,2015年10月発売予定版)
Banana Pi(ラズベリーパイと似たカードサイズPC)
Cubie Board 8(キュービーボード8)
Cubie Board 1/2(キュービーボード 1/2)
Cubie Board 3/CubieTruck(キュービーボード 3/キュービートラック)
Cubox/Cubox-i(キューボックス)
ドスパラ スティック型 DG-STK1(2015年7月発売) 超小型_ヘッドレス_超省電力
LIVA X(2015年2月発売,mSATA,メモリ2/4GB旧:LIVA 2)
LIVA 白64G 2014年8月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA,OSなし)
LIVA 白Windows8.1 with Bing,32/64G 2014年12月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA)
Flame(フレーム FirefoxOS 開発用端末)
がじぇっとるねさす(がじぇるね)
インテル ガリレオ(2014年1月発売,intel galileo)
ギガバイト GB-BXBT-2807(小型,ファンレス,ベアボーン)
dirac i200(小型PC,ベアボーン,2015年1月発売)
インテル コンピュートスティック(Intel Compute Stick)
intel-currie(インテル_キュリー)2015年1月発売?
intel Edison(インテル エジソン,2014年10月発売)
intel Galileo Gen.2(インテル ガリレオ じぇんつー,2014年7月発売版)
インテル ジュール(intel-jule)
intel NUC(第5世代,BroadWell,2015年2月発売版)
intel NUC DE3815TYKE(第3世代NUC,企業向け)
intel NUC DN2820FYKH(第2世代のNUC)
intel NUC BLKD33217CK(9980円NUC)
LIVA(Core M搭載,2015年3月展示)
LIVA 黒32G 2014年4月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,黒LIVA)
mbed HRM1017(エンベッド HRM1017)
mbed,mbed os(えんぶど,えんぶど おーえす)
intel MinnowBoard MAX(インテル ミノーボード マックス)
マウスコンピュータ MS-NH1(スティック型,超小型,ファンレス,Windowsスティック)
ODROID-C1(おどろいど しーわん,2014年12月発売)
Picoretta(ぴこれった,2015年3月発売)
ReadyNAS 102(9980円NAS)
RouterBOARD/Router OS(ルータオーエス)
twe-lite(とわいらいと)
V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボード
V-sido(ブシドー) ロボット
ZOTAC ZBOX CI320 pico
ZOTAC ZBOX PI320 pico(ポケットに入るクアッドコアCPU搭載デスクトップ)

タグ一覧

gadjet:galileo

インテル ガリレオ(2014年1月発売,intel galileo)


インテルが2014年1月に発売した、電子工作向けの開発用1ボード型PCです

2015年11月追記
次のバージョン(Gen.2)も生産停止?のようです
https://www.switch-science.com/catalog/1841/ をどうぞ

目次

公式サイト

特徴

  • インテルが開発した、電子工作向けのボード
  • カードサイズPCで、電子工作でよく使われているArduinoとの互換性がある
  • CPUはインテルのPentium互換。電子工作でよく使われるARMではない
  • Linuxが起動する→WindRiver Linux?
  • (未確認)Windowsも起動する?

具体的な使い方

他の製品などとの比較

1ボード 開発向けPC(大きさがカード,名刺サイズぐらいのもの。OSが起動するもの)

通称カードサイズPC,シングルボードコンピュータなどと呼ばれるものです

種別名称起動する主なOS異なる点,備考など
ARM 1ボード 開発向けPC ラズベリーパイ総合(ラズベリーパイ2 モデルB/初代 モデルA/B/A+/B+)Linux,raspbian初代ラズベリーパイ。ARM 1ボードPC。値段が3000円ぐらいからと買いやすい
ラズベリーパイ1 モデルB +(2014年7月発売,ラズベリーパイ モデルB プラス)初代ラズベリーパイ モデルBの改善型。CPU,メモリに変化はないがUSBやGPIOの数が増えている
ラズベリーパイ2 モデルB(2015年2月発売)ラズベリーパイ2。初代に比べてCPUがARM 4コアになり、メモリが1GBになった
Beagle Bone Black(ビーグルボーンブラック) 総合_Rev.A/B/CLinux,Ångstrom Linux/Debian(モデルC以降)ARM 1ボード。メモリが512MB
Cubie Board 1/2(キュービーボード 1/2)Linux,Cubian(Debianと似た感じ)ARM 1ボード
Cubie Board 3/CubieTruck(キュービーボード 3/キュービートラック)↑と同じブランド。いろいろ増えた
Cubie Board 8(キュービーボード8)↑と同じブランド
ARM 1ボード 開発/産業向けPC ラズベリーパイ コンピューティング モジュール(2014年7月発売,モジュール型ラズベリーパイ)Linux,Raspbian?主に産業むけ,業務用
intel 1ボード 開発向け PC インテル ガリレオ(2014年1月発売,intel galileo)不明Arduino互換がある
intel Galileo Gen.2(インテル ガリレオ じぇんつー,2014年7月発売版)↑のセカンドモデル
intel Edison(インテル エジソン,2014年10月発売)Linux,Yocto LinuxほぼSDカードサイズの、超小型開発向けPC
intel MinnowBoard MAX(インテル ミノーボード マックス)不明intel atomを搭載した開発用1ボード
2014/06/27 · 管理者

1ボード 開発向けボード(大きさがカード,名刺サイズぐらいのもの。LinuxなどのOSが起動しないもの)

通称マイコンボード,ガジェットなどと呼ばれる開発向けボードです。
上と違い画像出力やストレージを持たず、単体ではPCとして使うことが難しい,OSが起動しないと思われるものです

このセクションの用語および名称は、新しい分野のため不確定な場合があります

種別名称起動する主なOS異なる点,備考など
1ボード 開発向けArduino Uno R3(アルディーノ ウノ リビジョン3)なし?電子工作の標準的ボード
Arduino yun(アルディーノ ユン)↑に無線がついたもの。ただし技適はない
がじぇっとるねさす(がじぇるね)日本製の開発向け1ボード
mbed HRM1017(エンベッド HRM1017)Bluetooth通信ができる。技適取得済
V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボードLinux?ロボット向け? V-Sido OS(ブシドー オーエス)が起動する?
2014/06/27 · 管理者

更新情報/履歴

  • 2014年1月
    • 中旬 スイッチサイエンスストアでの販売が開始 7480円
    • 秋葉原での店頭販売が開始 7480円
      →1/11、秋葉原のつくもたん本店などで店頭販売され始めたようです
  • 2013年12月
  • 2013年11月3日
    • 開発が発表された。日本での発売予定は2013年12月

2chスレッド

情報

レビュー/ブログ/使ってみた/wikipedia など

日本から買える店

仕様(ハードウェア/BIOSなど)

2014/01版 仕様、スペック

  • CPU:Quark SoC X1000(最大400MHz)
  • RAM:256MB(DDR3-800)
  • PCIe Mini Card スロット ×1
  • Arduino 1.0準拠拡張コネクタ(Uno R3と互換のピン配置) 5Vと3.3Vのシールドに対応
  • デジタルI/Oピン×14、アナログ入力×6、シリアルポート×1、ICSPヘッダ×1
  • リアルタイムクロック搭載(バックアップ用電池接続コネクタ搭載)
  • USBホストコネクタ(microUSB AB)×1、USBクライアントコネクタ(microUSB B)×1
  • MicroSDスロット×1
  • イーサネット RJ45コネクタ×1
  • RS-232準拠シリアルポート(ステレオミニジャック)×1

スイッチサイエンス - 《予約販売》インテル Galileo 開発ボードより引用

旧 2013/11版 仕様/スペック(一部日本語化)

  • CPU
    • クロック周波数が400MHz,32-bitのIntel® Pentium互換のCPUです
    • L1キャッシュ:16 KBytes
    • L2キャッシュ:512 KBytes
    • シンプルなプログラム向けです。シングルコア、シングルスレッドでCPU速度は常に一定です
    • ACPIによるCPUのスリープをサポートしています
    • Real Time Clock (RTC)を統合しています。with an optional 3V “coin cell” battery for operation between turn on cycles. (仮訳:オプションで3Vのコインセル(ボタン電池?)がRTCの電源として使えます)
  • ネットワーク
    • 10/100MB イーサネット コントローラ
  • 拡張ボード
    • PCI Express用のミニカードスロット, with PCIe 2.0 compliant features
    • オプションの変換用プレートを使うと、ハーフサイズ ミニ PCI-expressカードが使用できます
    • ミニ PCI-expressコネクタを通して、USB2.0ホストポートが使えます
  • USB 2.0ホストコネクタ
    • 最大128個のUSBデバイスを接続できます
  • USBデバイスコネクタ
    • プログラム用です
    • プログラミング用のポートを使うことで、USB2.0用のデバイスが使えます
    • JTAGサポート
    • リブートボタン
    • リセットボタン
  • ストレージオプション
    • Default - 8 MByte Legacy SPI Flash main purpose is to store the firmware (or bootloader) and the latest sketch. Between 256KByte and 512KByte is dedicated for sketch storage. The download will happen automatically from the development PC, so no action is required unless there is an upgrade that is being added to the firmware.
    • 標準で512 KByteのSRAM(CPU内L2キャッシュメモリ?)が使用出来ます
    • 標準で256MBのメインメモリが使用出来ます
    • オプション:microSDカードスロット。32GBまで使用できます
    • USB2.0用のUSBストレージドライブが使用できます
    • EEPROM用のライブラリを使うことで、11KByteのEEPROMをプログラミング用に使えます

旧 2013/11版 スペック(英語,原文)

  400MHz 32-bit Intel® Pentium instruction set architecture (ISA)-compatible processor o 16 KBytes on-die L1 cache
      512 KBytes of on-die embedded SRAM
      Simple to program: Single thread, single core, constant speed
      ACPI compatible CPU sleep states supported
      An integrated Real Time Clock (RTC), with an optional 3V “coin cell” battery for operation between turn on cycles. 
  10/100 Ethernet connector
  Full PCI Express* mini-card slot, with PCIe 2.0 compliant features
      Works with half mini-PCIe cards with optional converter plate
      Provides USB 2.0 Host Port at mini-PCIe connector 
  USB 2.0 Host connector
      Support up to 128 USB end point devices 
  USB Device connector, used for programming
      Beyond just a programming port - a fully compliant USB 2.0 Device controller 
  10-pin Standard JTAG header for debugging
  Reboot button to reboot the processor
  Reset button to reset the sketch and any attached shields
  Storage options:
      Default - 8 MByte Legacy SPI Flash main purpose is to store the firmware (or bootloader) and the latest sketch. Between 256KByte and 512KByte is dedicated for sketch storage. The download will happen automatically from the development PC, so no action is required unless there is an upgrade that is being added to the firmware.
      Default 512 KByte embedded SRAM, enabled by the firmware by default. No action required to use this feature.
      Default 256 MByte DRAM, enabled by the firmware by default.
      Optional micro SD card offers up to 32GByte of storage
      USB storage works with any USB 2.0 compatible drive
      11 KByte EEPROM can be programmed via the EEPROM library. 

Arduino - IntelGalileoより引用

周辺機器

  • Arduino向けの拡張ボード(シールド)が使えるようです

仕様(ソフトウェア/OSなど)

起動するOS

使用できるソフトウェア

FAQ

コメント

コメントを入力:
 
gadjet/galileo.txt · 最終更新: 2017/02/11 by 管理者

ページ用ツール