サイドバー

ラズベリーパイ3のウィキ

ラズベリーパイゼロのウィキ

ラズベリーパイ2のウィキ

ラズベリーパイ コンピューティング モジュールのウィキ

ラズベリーパイ1(初代)/プラスモデルのウィキ

ビーグルボーンブラックのウィキ

ラズベリーパイ本体

電子工作向け1ボードPC_ガジェット

Arduino(アルディーノ)
AppleTV_MGY52J/A(第4世代,2015年10月発売予定版)
Banana Pi(ラズベリーパイと似たカードサイズPC)
Cubie Board 8(キュービーボード8)
Cubie Board 1/2(キュービーボード 1/2)
Cubie Board 3/CubieTruck(キュービーボード 3/キュービートラック)
Cubox/Cubox-i(キューボックス)
ドスパラ スティック型 DG-STK1(2015年7月発売) 超小型_ヘッドレス_超省電力
LIVA X(2015年2月発売,mSATA,メモリ2/4GB旧:LIVA 2)
LIVA 白64G 2014年8月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA,OSなし)
LIVA 白Windows8.1 with Bing,32/64G 2014年12月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,白LIVA)
Flame(フレーム FirefoxOS 開発用端末)
がじぇっとるねさす(がじぇるね)
インテル ガリレオ(2014年1月発売,intel galileo)
ギガバイト GB-BXBT-2807(小型,ファンレス,ベアボーン)
dirac i200(小型PC,ベアボーン,2015年1月発売)
インテル コンピュートスティック(Intel Compute Stick)
intel-currie(インテル_キュリー)2015年1月発売?
intel Edison(インテル エジソン,2014年10月発売)
intel Galileo Gen.2(インテル ガリレオ じぇんつー,2014年7月発売版)
インテル ジュール(intel-jule)
intel NUC(第5世代,BroadWell,2015年2月発売版)
intel NUC DE3815TYKE(第3世代NUC,企業向け)
intel NUC DN2820FYKH(第2世代のNUC)
intel NUC BLKD33217CK(9980円NUC)
LIVA(Core M搭載,2015年3月展示)
LIVA 黒32G 2014年4月発売版(手のひらサイズの超小型ファンレスPC,黒LIVA)
mbed HRM1017(エンベッド HRM1017)
mbed,mbed os(えんぶど,えんぶど おーえす)
intel MinnowBoard MAX(インテル ミノーボード マックス)
マウスコンピュータ MS-NH1(スティック型,超小型,ファンレス,Windowsスティック)
ODROID-C1(おどろいど しーわん,2014年12月発売)
Picoretta(ぴこれった,2015年3月発売)
ReadyNAS 102(9980円NAS)
RouterBOARD/Router OS(ルータオーエス)
twe-lite(とわいらいと)
V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボード
V-sido(ブシドー) ロボット
ZOTAC ZBOX CI320 pico
ZOTAC ZBOX PI320 pico(ポケットに入るクアッドコアCPU搭載デスクトップ)

タグ一覧

gadjet:v-sido-connect

V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボード

V-sidoブランド 関連製品

ロボット本体:V-sido(ブシドー) ロボット
ロボットを制御するOS:V-Sido OS(ブシドー オーエス)
ロボットを開発するための評価用ボード:V-Sido CONNECT(ブシドーコネクト) 評価用1ボード

公式サイト

特徴

他の製品などとの比較

?Arduino
?ラズベリーパイ
?ビーグルボーンブラック
?ラピロ
?mbed

更新履歴

2014年6月

  • 作成

2chスレッド

まだありません

情報

レビュー/ブログ/使ってみた記事 など

未確認情報

2014/06

  • 発売時期、販路は未定だが「1万円以内を目指す」
  • 年内に企業だけでなく、ホビーロボットのユーザにも発売される予定

仕様(ハードウェア/BIOSなど)

CPU32bit ARM(STM32F1)
インタフェースサーバ用ポートRS-485 ×1,TTL RS-232C×1
通信用ポートTTL RS-232C×1(SBDBTによるBluetooth化が可能)
センサー用ポートI2C×2(SBDBTによるBluetooth化が可能),汎用I/O×4(デジタルI/OまたはA/Dコンバータ)
電源電圧DC 3.3VまたはDC5~12V
基板サイズ36×33mm

仕様は V-Sido CONNECT | アスラテック株式会社より引用

以下、よくわからない単語の注釈
※ARM STM32F1 ARM Cortex-M3シリーズ? STM32F1シリーズ - STMicroelectronics のどれからしい
※RS-485:最大で32台までの複数接続ができるシリアルインタフェース。RS-232Cをたくさんつなげるようにした規格らしい?
※RS-232C:1対1のシリアル通信を行うためのインタフェース。昔のPCでモデムなどを接続するためのインタフェースとして採用されていた
※SBDBT:Bluetoothアダプタがついた基盤。たぶんPIC24FJ64GB004 小型マイコン基板 SBDBT - ランニングエレクトロニクスの製品のこと?
※I2C:デジタルデバイスを接続するためのインタフェース。ラズベリーパイのGPIOでも使用することができ、各種センサを接続するときに使われる

OS

起動するOS(公式にサポート)

起動すると思われるOS(非公式,サポートなし)

不明

起動するかどうか未確認なOS(非公式)

不明

FAQ

gadjet/v-sido-connect.txt · 最終更新: 2014/06/13 by 116.70.253.84

ページ用ツール